札幌の暮らしっていったいどうなの??

驚きの家賃の安さです

北海道一の大都市といえば札幌です。都会に住んでいる人には雪国である札幌での暮らしはどのようなものか想像できないのではないのでしょうか。様々な面から雪国である札幌での暮らしの現状についてみていくことにしましょう。 北海道といえば広大な土地が真っ先に思い浮かびます、ですから何となくではありますが、賃貸物件の家賃が安そうだなというイメージがあります。 実情を見てみるとまさにイメージ通りで、なんと札幌近隣であっても10畳ワンルームのマンションの家賃が3万円以下という都心では考えられない安さになっています。 雪国なので雪かきをしなければいけないと思っている人も居るかもしれませんが、賃貸マンションの場合は管理人が雪かきをしてくれます。

気候など数字で比較してみよう

雪国なので、気になるのは気候です。夏と冬の気候をチェックすると、夏場である7月から9月までの平均気温はおよそ20度となっています。東京が25度近くあるのを見ると、やはり夏はかなり涼しいことが分かります。真夏日もたった数日なので、ほとんど冷房を使うことはありません。 一方、冬はやはり寒く、1月から3月の平均気温がマイナス2度と、氷点下が当たり前になっています。札幌で暮らすのであれば寒さ対策はしっかりする必要があります。とはいえ、賃貸物件は暖房設備は完備しているので、室内に関してはそれほど気を付ける必要はありません。 そして、意外にも通勤や通学にかかる時間が20分程度と、東京の3分の1になっています。そのため自由な時間は都心部に比べると多く持つことが出来るのです。

© Copyright Broadband Property. All Rights Reserved.